| Home

私たちの肌は、毎日、外的刺激に晒されています。
乾燥した空気や紫外線、空気中にも汚れがあって、全て肌バリアが守ってくれています。
それでも受けるダメージを回復するには、睡眠中に分泌される成長ホルモンが欠かせないのです。
眠ってから分泌が活性化する成長ホルモンは、私たちの自然治癒力を高め、傷ついた細胞を修復したり、疲れた体を癒やす効果があります。


雑誌やテレビで、ビューティアドバイザーなど皮膚の専門家が、肌にはゴールデンタイムがあると広めてくれました。
「午後10時〜午前2時の間に、しっかり睡眠を取っていると、成長ホルモンの恩恵があります」と言う内容でしたね。
そのため、女性は美肌のために睡眠も大切な事だと意識するキッカケになったのです。

普段のスキンケアで、肌に水分や美容成分を浸透させるのも大切な事です。
ただ、体の自浄作用も利用しないと、深刻なエイジングサインを回復するのは難しいですね。
「外側からの美容も大事だけれど、内側から美しく!」と言われるのはこう言う事なのです。
肌には、たくさんの細胞がありますので、その隙間には細胞間脂質があります。
きちんと内側からも癒やしていかないと、酸化脂質に変化して、様々な肌トラブルが出るようになってしまいます。

さて、時間帯指定のゴールデンタイムですが、最新記事で新しいことがわかりました。
「お肌のゴールデンタイムは午後10時〜午前2時と固定の時間ではない」ことが発表されました。

私たちが眠っている時にはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。
レムと言うのは、目蓋を閉じていても目が動く反応のことです。
つまり、レム睡眠では眠りが浅く何かに反応して目が動き、ノンレム睡眠では深い眠りのため目も動かないと言うことです。

お肌のゴールデンタイムが訪れるのは、眠って3時間後のノンレム睡眠に入ったタイミングで分泌が盛んになるのです。
これにも個人差があり、3時間経てば絶対にノンレム睡眠だと断定できないので、深い眠りが必要になります。
仮に3時間後としても、その後4時間のホルモン分泌があるので、最低でも7時間の睡眠が求められます。

女性もストレス社会で生きていますので眠れないという方はいるでしょう。
ストレスから精神的な病気を感じる様になれば、病院に通って、疾患レベルに合わせた処方薬も使用していると思います。
眠れないままに放置期間が長くなると、肌荒れどころか体調まで崩しますので、こう言った方法も活用しながら睡眠の質を上げるのが良いと思います。

普段の食事や運動量も見直すと、睡眠の質は格段に向上します。
これが、お肌の快復力に繋がるなら、やってみようかなと思うでしょう。

顔の肌についた汚れや角質層は、洗顔とスキンケアで十分な対処が出来ます。
顔の洗顔に関しては洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング「http://xn--jywq5uqwqxhd2onsij.jp/
で詳しく書かれているので 参考にしてください
内側のサポートを受けながら美肌を目指していくと、その効果も高くなります。
スキンケアや化粧品と良い睡眠で、健康的なで若々しい肌を取り戻しましょう。

▲PAGE TOP