| Home

美肌と運動と言っても、すぐに関連がわかるものではないので面倒くさいなと思いますね。
運動はダイエットだけに必要なものではありません。

体を動かすことで、汗をかきます。

普段の生活で汗をかかないと、汗腺も鈍くなっているので、たまに汗をかくとニオイを感じる場合があります。
夏には熱中症になりやすいですし、体の温度調整と肌のデトックスにも発汗習慣は欠かせません。
汗が出にくい体質の方は、湯船に浸かるか、お風呂サウナなども利用して調整が必要です。

また全身の筋肉が満遍なく鍛えられる運動をしていると、リンパや血液の流れを改善できます。
お肌にも栄養が行き渡りますし、ターンオーバーを促進するので肌コンディションが高まります。
また、むくみを感じる方なら、巡り改善で顔のむくみが取れてきます。
肌の改善だけではなく、小顔効果も出ますね。

血行を良くすると髪の毛にも効果があります。
頭皮の血行改善が出来ると抜け毛予防になりますし、毛根に栄養が回るため発毛促進にもなるのです。
栄養のない髪の毛はボサボサになり、これだけで見た目年齢を上げてしまう原因なのです。

今まで運動をしなかった方は、有酸素運動を選ぶようにしましょう。
ウォーキングや水泳などがオススメです。
外出して運動するものは天気に左右されますので、必ず「晴れの日メニュー」「雨の日メニュー」を用意して使い分けます。
ウォーキングは普通に歩く程度なら、体重60kgの方で、1時間に190kcalを消費します。
雨の日でも同じ運動量になれば良いので、簡単な踏み台昇降は、35分でクリア出来ます。
天気でメニューを分けるのは、雨の日に休んでしまうと、「サボった」という感覚が強くなり、次の日からのモチベーションまで下げます。
たった、これだけのことで運動の習慣がつかない方が多いのです。
始めから心理を理解して、無理なく続けられる工夫が必要になります。

屋外で運動する場合は、必ず紫外線対策をしましょう。
特に夏場の日差しは太陽だけではなく、アスファルトの照り返しで深刻なダメ時が出ます。
美白ルールでは鉄板と言って良い問題ですね。
シミが出来るだけではなく、光老化も感じますので気をつけましょう。

運動後のスキンケアで気をつけるのはW洗顔方法を使うことです。
いつも以上に汗や皮脂が分泌しており、肌表面でメイクや汚れと結びつきますので、しっかり落としましょう。
日差しでほてりも出ますから、肌荒れをしないように保冷剤を使ったクールダウンもして下さい。

仕事で忙しい毎日だと、時間も作りにくいですが、日常に運動する習慣をつけて、美容や美肌が作りやすいコンディションにしましょう。

▲PAGE TOP