| Home

女性の体にはリズムが影響しやすくなっています。
女性ホルモンの関わりで1ヶ月のリズムが変わったり、1日の中でもリズムが狂うと健康だけではなく肌にも変化が出ます。
例えば1ヶ月のリズムで出る肌トラブルとして、月経前のニキビや肌荒れ、そしてイライラすると言った悩みがあります。
体質改善やご自分に合わせた予防法があれば、それほど大きな問題にはなりません。
何もしないで放っておくと、肌トラブル事情が変わりますので、いくつかの方法をご紹介しましょう。

ちょっとしたリズムの変化でストレスが溜まりやすいタイプなら、ビタミンCを積極的に補うと肌トラブルが減少します。
実は苛つくだけでもビタミンCが壊されてしまうのです。

コラーゲン生成に関わるビタミンCが減少することで、肌内部からふっくらする感じも失われ、肌荒れが目立つようになります。

月経前後は肌まで敏感になっているため、紫外線の刺激も受けやすいです。
しっかりとUVケアやスキンケアをしなくては、肌が乾燥して、その後に防御機能からオイリー肌に移行します。
皮脂過剰の肌には、ニキビ吹き出物が出やすくなります。


紫外線の影響からシミにもなりますので、美白ケアも集中的に行わなくてはいけません。
ただし、月経前後は敏感肌と同じレベルで過敏なので、刺激の少ないスキンケアに変更することも検討しましょう。

日常生活で1日のリズムを整える方法もあります。
私たちには体内時計があり、これは24時間ちょうどではありません。


そのため、リセットしなくては、少しずつ体内のリズムが狂ってしまうのです。
朝、起きたらカーテンを開けて朝日を浴びるようにして下さい。
朝日の明るさが目に入って脳が反応することで、毎日、体内時計のリセットが出来ます。
始めは1日のリズム調整から初めて、女性が悩みやすい1ヶ月のリズムを調整するという改善方法が、一番簡単だと思います。

スキンケア用品や化粧品を数種類用意するのは負担ですが、リズムで肌トラブル事情も変わるため、合わせられるようにしましょう。
高額な化粧品を用意する必要はないのでプチプラで選んでみませんか?
刺激が強すぎると炎症を起こす可能性もあり、悪化すると皮膚科に通院する方もいます。
大人の肌力が弱ると、たるみやシミ・シワ、毛穴目立ちと行ったエイジングサインが一気に出るので、相性の良い予防法を見つけるところから始めて下さい。


毎日の食事を見直しても肌改善が出来ますので、ストレスの溜まりやすい体質を理解しながらアプローチしましょう。

▲PAGE TOP